飲食店の売上管理は専用の機械に任せよう!

男性

スムーズに進行される

ビル

日本と変わらない手続き

香港で会社設立することで香港を拠点に世界中での取引を行う事ができます。日本を拠点とするより税金などの面で優遇されることや金融機関の中心であることからスムーズにビジネスが進むなどのメリットがあります。香港で会社設立を行う流れは比較的簡単です。まず、単純な会社設立までの期間は、3か月程度あれば可能です。銀行口座の開設なども含めての期間になりますので、比較的他の国より早めに会社設立を実現させることが可能になります。最低資本金は、1香港ドルで済みます。日本でも同じですが、同じ商号を利用していないかの調査とその予約が必要になります。次に香港法人の登記住所を準備します。これも日本と同様の手続きになります。スムーズに処理が進むことが特徴になっています。さらに定款や登記事項の書類一式を準備します。そしてこれらを税務局で商業登記することで会社設立は完了します。もちろん登記事項は、日本と同様で法律的な効果を持っています。実際に企業を運用するためには、資金の準備や銀行口座の開設、社判などの準備なども行います。これらは設立準備で同時に進めることで時間短縮を行う事が可能になります。ビジネス目的で香港に入国するためには、商用のビザが必要になります。この取得が最も難しいといわれており、商用のビザをいかにスムーズに取得するのかがカギになります。取得するための専用の業者なども存在しますので、支援を受けるなどの方法を選択することも大事です。